お知らせ

講演会のお知らせ

2022年04月15日

本年も月例のTA講演会が開催されますが、コロナ禍のこともあり参加人数の制限や感染対策を十分に取り、札幌会場とはオンラインでつないで開催する予定です。なお、講演内容をまとめた論文(川崎高津診療所紀要)を随時掲載する予定です。

1 フレイル予防(2月24日)

フレイルとは高齢者にみられる身体能力の低下、低栄養、免疫力の低下、ストレスに対する抵抗力の低下をきたすもので、健康問題のみならず介護、社会的な問題も含みます。これを予防するにはどうしたら良いのでしょうか。フレイル健診も始まっていますが、単なる質問だけに終わるのでは、介護予防事業での失敗がいかされません。転倒予防、栄養問題など当院が取り組んできた内容を紹介するとともに、コロナ禍と高齢者、これからの地域での取り組みについても紹介します。

2 胃がんの化学療法と分子標的治療(3月24日)

分子標的治療薬の登場により、胃がんの化学療法が大きく変わろうとしています。これまでの胃がん化学療法を紹介するとともに、分子標的治療の臨床試験とその問題点を指摘します。

3 間葉系幹細胞を用いた再生医療(4月28日)

iPS細胞による再生医療が話題になっていますが、治療に使用できるレベルの細胞を調整するには大規模な設備や時間を要し、コストのみならず腫瘍化の問題も無視できません。ここでは、間葉系幹細胞を用いた再生医療について、アルツハイマー病、肝硬変、炎症性腸疾患、COVID-19を例にとって紹介します。また、細胞を用いないエクソソームなど新しい治療の可能性について紹介します。

ページトップ