お知らせ

講演会のお知らせ

2022年04月15日

本年も月例のTA講演会が開催されますが、コロナ禍のこともあり参加人数の制限や感染対策を十分に取り、札幌会場とはオンラインでつないで開催する予定です。なお、講演内容をまとめた論文(川崎高津診療所紀要)を随時掲載する予定です。

1 フレイル予防(2月24日)

フレイルとは高齢者にみられる身体能力の低下、低栄養、免疫力の低下、ストレスに対する抵抗力の低下をきたすもので、健康問題のみならず介護、社会的な問題も含みます。これを予防するにはどうしたら良いのでしょうか。フレイル健診も始まっていますが、単なる質問だけに終わるのでは、介護予防事業での失敗がいかされません。転倒予防、栄養問題など当院が取り組んできた内容を紹介するとともに、コロナ禍と高齢者、これからの地域での取り組みについても紹介します。

2 胃がんの化学療法と分子標的治療(3月24日)

分子標的治療薬の登場により、胃がんの化学療法が大きく変わろうとしています。これまでの胃がん化学療法を紹介するとともに、分子標的治療の臨床試験とその問題点を指摘します。

3 間葉系幹細胞を用いた再生医療(4月28日)

iPS細胞による再生医療が話題になっていますが、治療に使用できるレベルの細胞を調整するには大規模な設備や時間を要し、コストのみならず腫瘍化の問題も無視できません。ここでは、間葉系幹細胞を用いた再生医療について、アルツハイマー病、肝硬変、炎症性腸疾患、COVID-19を例にとって紹介します。

4 最近の話題(5月26日)

最近の話題として、1)不妊症治療の保険適応 2)オミクロン株による新型コロナウイルス感染症 をとりあげて解説します。

5 日本の感染症発生動向(6月23日)

 日本の感染症は、新型コロナウイルスだけではありません。結核は罹患率の減少はみられるものの、いまだ致死率の高い疾患です。また、都市部では若年者を中心に梅毒の蔓延も問題になっています。国民の感染症の対策が徹底したせいか、定点措置のある5類感染症は、感染性胃腸炎以外は例年より減少傾向です。確かにここ2年くらいは、インフルエンザは影を潜めています。一方で、ヨーロッパを中心に、サル痘の蔓延が一部の集団で報告されており、新たな脅威となっています。

 新型コロナウイルスの感染者数の減少は緩余であり、そのゲノム解析からもオミクロン株が独特な変異を繰り返していることがわかります。幾つもの種類があるので、これまでのようにすぐに収束することがないのです。また、より感染力があり免疫機構もすり抜けるような変異株(BA.4/5など)の出現も報じられていることから、決して予断を許さない状況といえます。また、症状は軽いものの感染後の後遺症の問題(消化管や脳神経への影響、さらには小児の肝炎など)もあり、現在の疾患をCOVID-22という人さえいます。日本の実臨床データからは、オミクロン株になってからのワクチンの感染予防効果に関しては、2回目の接種後にむしろ感染が増加してしまう世代があることがわかりました。ワクチン接種による高齢者での免疫力低下も懸念され、当院でも帯状疱疹の発生頻度が上がった印象があります。もう一つ気になることは、超過死亡の推移です。昨年春から夏と冬期にかけて超過死亡が発生しており、これは新型コロナウイルス感染症以外の原因、特に老衰死によるものということがわかっています。

 

6 老化を治療する(7月28日)

 世界保健機構(WHO)では、老化は全身症状の一つであり、「加齢にともなう内在的能力の低下」と定義されています(ICD-11)。日本は、世界の他の国に先駆けて高齢化社会に突入しており、健康寿命を延伸することが喫緊の課題となっています。健康状態を維持しつつ歳を重ねるにはどうしたらよいでしょうか。そのためには、老化のメカニズム自体を解明することが必要であり、世界中でこの課題への挑戦が続いています。近年、老化のメカニズムが明らかにされつつあり、老化自体を治療する取り組みも始まっています。本講演では、1)生活習慣で可能な老化予防(食事、運動、ホルミシス)、2)薬物療法(nutritheuticals)としてNADブースター薬、ラパマイシン、メトホルミン、3)老化細胞除去療法、4)細胞のリプログラミング、について紹介し、老化治療の意義や将来的な取り組みについても解説します。
 

ページトップ