院長 ごあいさつ

小林院長

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。当院が高津区で診療を始めてから、はや10年がたちました。
その間に、訪問診療をめぐる環境は大きく変化し、社会的な認知度が増してきたことはもちろんのこと、川崎市では新しい地域包括ケアとしての取り組みもはじまっております。

訪問診療は、原則として通院が困難な患者さんが受ける医療であり、介護保険によるサービスを併用しながら行うことが多いかと思います。医療の提供場所は、個人宅であったり施設の場合もありますが、患者さんやご家族が無理することのないように地域ぐるみの医療をおこなうためには、介護、看護、福祉、それに行政などさまざまな職種の協力が不可欠です。

実際行う医療では、慢性疾患やがんなどを有する方が対象ですが、このような疾患を治療するためには、病院との連携(これを病診連携といいます)も視野に入れたものでなくてはなりません。在宅医療単独ではみなさまの要望に応えることは難しく、さまざまな選択肢を提供しながら、患者さんやご家族にとって最良の医療が提供できればと考えております。

また当院は、介護や看護サービスを同時に提供できるように、ケアプランを作成する居宅介護支援部門、訪問看護を提供する訪問看護部門などを併設した診療所となっております。さらに、同様のサービスが他の地域でも受けられるように、川崎市麻生区にも診療所を開設して連携強化を図っております。今後も、より地域に根ざした診療所をめざし、みなさまのご期待に添えるよう努力を重ねていく所存です。職員一同よろしくお願い申しあげます。


川崎高津診療所 院長
小林 隆司


院長略歴


国立金沢大学医学部卒業
国立金沢大学医学部附属病院 第2外科
富山県立中部病院 外科
南砥市民病院 外科
高岡市民病院 外科医長
帝京大学医学部附属溝口病院 外科講師

 
 

 
 
 

ページトップ

© Copyright Kawasaki Takatsu Clinic All rights reserved.